第3弾は・・・・・目を大きく開き、耳を澄まし・・・・五感をフル活用して生きている幸せを感じたい。偶然は必然の世界で私は幸せに生きてくのだ。


by hagoromo_banana

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
考える・思う。
旅の思い出。
愛しい人。
音楽。
石川県。
日常から。
読書。
未分類

リンク

以前の記事

2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

まちにまった?

は言い過ぎかもしれないが、20代が終わり30代に突入する。
今までの人生という名の旅、そして旅を整理していこうと思う。
そして今はモノクロの20代という日々をカラーにするのが、
30代であると考えている。


ということで、ブログのお引越しをする。
今度はexciteではないブログにしてみた。
何かの区切り・・・そんなだいそれたものではないが(笑)

http://hagoromobanana.blogspot.com
[PR]
# by hagoromo_banana | 2008-02-25 22:33 | 考える・思う。

越後湯沢の旅。

日本脱出の前にちょっと日本を感じようと思った。
ということで・・・新幹線ときに乗り、越後湯沢に行くことにした。

越後湯沢には夕方に到着、素泊まりのゲストハウスでのんびりとした時間
を過ごした。  夕ご飯は友人が仕事の帰りに会いに来てくれたため、
ちょっと素敵なCAFEで食べた。

11:00の門限に間に合わせて帰宅。
のんびりとした時間を満喫し就寝。


早朝・・・・窓を開けると快晴である。
肌寒いけれど、澄んだ空気と青い空はテンションを上げてくれる。

10:00に宿をでて駅に向かった。
駅前の水屋CAFE水屋にある、幻の温泉水神立の水を使った温泉珈琲を飲みに行くことにした。

d0127652_111402.jpg
のんびりと温泉珈琲とトーストを楽しんだ。ふっと窓の外を見ると、大雪。あんなに快晴だったのに・・・今度は白銀の世界である。









d0127652_1143185.jpg
外に出て駅を散策することにした。体も冷えきったので・・・駅構内の酒風呂につかる事にした。
これがなんともいえない素敵な湯であり、軽く1時間以上つかってしまった。











お風呂から上がり・・・・利き酒コーナーに寄り、
d0127652_21515636.jpg

飲みすぎてしまい・・・。

お腹も空いてきたので・・・ご飯を食べに朝のCAFEに戻り、
d0127652_21571393.jpg

そして食べすぎ・・・。


満喫したので帰ることにした。
なぜかとても強風であり、新幹線がゆっくりと走ることになり・・・・
これじゃぁ新幹線じゃなくてただの急行である。

そして・・・・大宮の駅にさしかかったとき。
最近できた鉄道博物館から沢山のカメラが向けられている。
新幹線がゆっくりなんて滅多にないチャンスのだろう。
あそこにいた人たちにとってはラッキーだったのかもしれない。
[PR]
# by hagoromo_banana | 2008-02-25 01:20 | 旅の思い出。

真実。

最近、真実とは?
ということがとても多い。

この情報が氾濫した世の中でどれが真実でどれが嘘かを見分けるのは至難の業である。

全ては自分を信じるしかないのである。
自分の五感・・・・そして第六感を使って自分で真実を知るしかない。


人の意見や情報に躍らせられることのない自分。
これが今の私の目標。

自分を信じていきたい。
[PR]
# by hagoromo_banana | 2008-02-22 00:50 | 考える・思う。

違和感・・・。

東京に戻った。
でも地に足がつかない感覚。
どこか旅行者的な感覚。
これではいつまで経っても寂しいままである。

だからサルサに行った。
初めていったサルサ教室は私に違和感だけしか与えなかった。
楽しく踊ることが目的でありダンサーなど求めてない私と、
全ての人にプロを目指せという考えの先生。
そこには大きな距離が存在した。
だからもうあのサルサ教室には行かない。
そう決めた。
また違うサルサ教室に行くことにした。
今度は荻窪。ちょっとばかし遠くなるけれど、行ってみよう。

でも本当は香林坊のサルサに行きたい。
こんなことなら、香林坊に引っ越してサルサ三昧の日々を送るべきだった。
結局、サルサは寂しさを煽っただけであった。
あぁ、失敗。

今日は高校時代からつるんでいる友人二人とランチをした。
その空間には遠慮も何もなく、本当に心地よい。
人ごみをかき分けて品川まで来た甲斐があった。
ちょっとだけ、寂しさが遠のいていった。
少しだけ、地に足が着いた感じである。


明日は新潟に行く。
1泊2日の旅である。

違和感も寂しさも拭いきれない日々。
でも、何かが少しずつ変化している。
[PR]
# by hagoromo_banana | 2008-02-22 00:43 | 考える・思う。

なんでや?

私の大好きな患者さん。
その患者さんの口癖は「なんでや?」

今の私もそんな言葉をつぶやきたい。
「なんでや?」


涙など久しく流していなかった。
涙で前が見えなくなるなんて、
私には縁遠い話であったはずである。


最近の涙は悔し涙。
でも今日の涙は悲し寂し涙。

東京は相変わらずの人であり、
大きなリュックを背負った私は邪魔な存在である。

金沢駅のあの、人のまばらな寒々した駅が懐かしい。
12時間前はあそこに立っていたのになぁ。


皆の顔、言葉は今も私の涙線を壊したままである。
どっかで気づいていたけれど、、、気づかないふりをしていた。
前に進むためには、何かを失う必要がある。
そう思ったから気づかない振りをしていた。

でも、そう私はあの空間が心地よかった。
私の家の明かりを皆が無意識で確認してくれる・・・そんなあそこが、
大好きであった。


私は私に問う。
「なんでや?」
[PR]
# by hagoromo_banana | 2008-02-20 00:53 | 石川県。